トップ > クリニックからのお知らせ

クリニックからのお知らせ

骨粗しょう症の治療薬について

2016年06月05日 17:01

骨粗しょう症の治療薬の中で新しいビスフォスホネート製剤と呼ばれる薬(アクトネル、ボナロンなど)は、顎骨壊死、抜歯後の治療遷延が報告されています。そのため歯科での治療に際して、一時使用を中止しなくてはならない可能性があります。患者様の中で歯科受診される際には、念のため今服用中のお薬を歯科医院で提示されていた方が安心かと思います。この件に関しては歯科の主治医の先生とよくご相談ください。

さらに当院では1週間に1回皮下注射を行う骨形成促進剤である「テリボン」も扱っています。この注射は計72回(約1年半)継続して行います。骨密度を増加させ、骨折を予防する注射です。また、6ヶ月に1回皮下注射を行う骨吸収阻害剤である「プラリア」も扱っています。これらの件に関してもご相談ください。

ページの先頭へ